暮らしお役立ち200種
ホーム > FX > 『fx レバレッジ』

『fx レバレッジ』

fxを勉強していると、さまざまな専門用語が飛び交っていて、その聞き慣れない用語一つ一つを理解していくことが必要に
なってきます。
基本の用語では、レバレッジ、スワップ金利、マージンコール、ロスカットなどがあり、どれも見ただけでは何のことだか
想像もつかないような用語ばかりではないでしょうか。
この中の「レバレッジ」という言葉を取り上げてみましょう。レバレッジとは日本語で「てこの原理」という意味になります。
てこを利用して小さい力で大きいものを動かすということで、fxのレバレッジとは、少ない資金で大きな金額を動かすことから
レバレッジという名前がついたそうです。fxはこのレバレッジが大きな魅力と言っても過言ではないでしょう。
fxでは証拠金を担保にして、その10倍、100倍といった外貨取引きが可能になります。これをレバレッジ効果というそうです。
また、「レバレッジをかける」とか「レバレッジ○○倍で取引をする」という使い方をします。
1ドル=100円のときに、1万ドルを買うためには100万円が必要になりますが、レバレッジ10倍で取引きすれば、
10万円の証拠金で1万ドルが買えることになります。当然レバレッジを高くすれば、更に大きな額を動かすことが可能に
なりますが、儲けの可能性と同じ大きさのリスクも生じることになります。
ハイリスク・ハイリターンを頭に入れて、しっかりリスク管理をしながら、自分に合ったレバレッジを選ぶことが大切です。