暮らしお役立ち200種
ホーム > 保険

保険:記事一覧

生命保険以外の死亡保障

生命保険に入っていない場合でも死亡保障を受ける方法はいくつかあります。その中でも一般的なのが遺族年金です。これは国民年金によって支払われる保証金です。最近は年金というと評判が悪い印象です。しかし、年金保険ほど安心感のある保険はそうそう無いはずです。しかも年金保険によって死亡保障まで受けられるのならば…

定期保険と貯金の割合

定期保険は確かに柔軟な対応が可能です。しかし、その一方で忘れてはいけないのが定期保険は掛け捨てだと言うことです。つまり定期保険では保険料も積み立てのタイプより小さくすみますがその分掛け捨てなので満期以降は戻ってくることがないのです。そこで提案したいのが定期保険に加入し、余ったお金を貯金することで独自…

生命保険

生命保険とは将来に自分自身が身体的に障害などを受けてしまった場合の経済的なカバーを目的とした保険です。生命保険は非常に高額なものです。一般の人にとっては持ち家の次に高い商品とまで言われています。ですが、その内容は複雑で良く内容を理解できないままに保険の勧誘員などに勧められて契約している方がおおいので…

死亡保険

死亡保険の中でもいくつかの種類があります。その中でも一般的なのが掛け捨て保険などとも呼ばれている定期保険と言うタイプです。そのほか貯蓄性のある終身保険、定期保険と終身保険が特定の条件でバランス良く配置されているもの、がいくつかあります。しかし終身保険はある意味で機動性が悪くインフレへの適正などが悪い…

国民年金保険の加入

国民年金保険の加入は強制加入になっています。つまり年金保険に加入するしないの選択肢は無く必ず加入することが法律によって定められています。しかし、現在の国民年金保険の保険料滞納は4割にまで上るとさえ言われています。その多くは若年層で年齢が高くなるにつれて納付率が高くなる形になっています。厚生年金の保険…

健康保険の任意継続は有利か

会社の健康保険の加入期間が継続して2ヶ月以上で、会社を退職した翌日から健康保険20日以内でしたら退職した会社の健康保険を継続することが可能になります。このことを任意継続と言います。任意継続の手続きが終わればその後2年間は任意継続被保険者として退職後も変わらず健康保険に加入し続けられます。ただし、この…

国民皆保険制度

日本における医療保険制度は国民皆保険制度と言われ、全ての人が保険に加入する事がぎむづけられています。医療保険と言っても様々な種類があります。民間の会社で働く人のための健康保険、公務員が対象となった共済組合、船員が加入する船員保険。それ以外にもいくつかありますがどれにも加入していない方、つまり農業・自…

国民年金が払えないとき

国民年金を受給するには最低で25年は加入している必要があります。(ちなみに満額で受け取るには40年だそうです)国民年金なんて当てにしていない人々は仕方ないにしても、国民年金を払う余裕がない人はどうしたらいいのでしょうか?国民年金は一人13,860円です。(平成18年現在)しかしこれが毎年280円ずつ…

国民健康保険とは

社会保険の中でも健康保険は医療費などの負担をしてくれる保険です。とくにその中でも職場などで編成されている被用者保険に加入していない人のために用意されているのが国民健康保険です。住民登録のある市町村など地方自治体で加入が義務づけられている健康保険です。国民健康保険法という法令に基づき運営されているのが…

社会保険とは

雇用保険や労災保険とともに労働者たちが安心して仕事ができるように作られた保険です。健康保険と厚生年金保険の二つが社会保険に分類されます。健康保険はよく知られているとおり医療費などを一部負担してくれる保険です。そして、厚生年金保険は老後働けなくなってから、もしくは障害などで働くことができなくなった場合…

前の10件 1  2  3  4